タロット占い

タロットは、大アルカナと呼ばれる22枚のカードと、小アルカナと呼ばれる56枚のカード、合計78枚のカードを使って占います。


22枚の大アルカナは、人の特徴をカードに擬人化した姿を表し、56枚の小アルカナは、日常生活で起きる出来事や周囲の人々、考え方や感情を表しています。これら78枚のカードを組み合わせて鑑定を行っています。


タロット占いは、相談者と他者との関係性に主に着目して占う占術として知られ、意志決定や進むべき道の選択、相手の気持ちを知りたいなどにぴったりの占術です。


しかし、タロット鑑定によるアドバイスは、この先3か月程が目安です。そのため、節目ごとに定期的に鑑定してアドバイスさせて頂ければ、その時々の最良なアドバイスを導く事ができます。


☆騎士☆naito☆は、「恋愛」に特化した鑑定により、恋愛の様々な悩みから救い、幸せへと導きます。

スプレッド

スプレッド(配置法)とは、タロットカードをシャッフルしてカットした後、占い結果を導き出すためにカードを展開させる方法です。 このカードの展開の方法をスプレッドと呼びます。1枚のタロットカードを使用するスプレッドから、大アルカナ22枚のみを使用したり、78枚すべてを使用するスプレッドまであります。


スリーカードスプレッド

問いに対する過去、現在、未来や、朝、昼、夜の様な時世に対するアドバイスを示すスプレッドです。


二者択一スプレッド

問いに対するAとBのどちらを選択すべきかを表し、アドバイスを示すスプレッドです。


自己診断スプレッド

問いに対する本人、もしくは相手の過去、現在、未来、潜在意識、顕在意識などをカードで表し、それらに対するアドバイスを示します。


セブンカードスプレッド

問いに対する本人、もしくは相手の本質、過去、周囲の状況、望みや障害、現在の状況、目的、近い未来、結果を表し、アドバイスを示すスプレッドです。


変形ヘキサグラムスプレッド

①問いに対する二人の関係性、②相手の本人に対する気持ち、③本人の相手に対する気持ち、3つそれぞれの過去、現在、未来を表し、それら関係性の結果をもとにアドバイスを示すスプレッドです。


ケルト十字スプレッド

問いに対する本人、もしくは相手の過去、現在、未来、潜在意識、顕在意識、立場、本質、周囲、環境、期待、恐れ、障害、援助、結果を表し、アドバイスを示すスプレッドです。


ホロスコープスプレッド

問いに対する今年1年を通した月毎の運勢を表しアドバイスを示すスプレッドです。


その他スプレッド

上記スプレッドに加え、他にも問いに対する内容に合わせた様々なスプレッドがあります。